埼玉県草加市周辺の道路、鉄道

埼玉県草加市は江戸時代の宿場町、草加宿から発展を遂げた歴史を持つ街です。市内を南北に貫く日光街道を起源とする国道4号線や東西に貫く国道298号線、そしてすぐ上を高架で貫いている東京外環自動車道がメインの通りとなっており、混雑が激しいことから国道4号線は草加市内でバイパス道路が形成されています。

それまでの旧国道4号線は県道49号線として草加市の中心部を通っており、その他、千葉県の流山市に向かう県道29号線やさいたま市浦和区に向かう県道34号線など、多くの県道が市内各所へと集結しています。

成田空港や羽田空港を結ぶリムジンバスも毎日運行されているため、空港へ快適に移動することができます。

鉄道ですと、草加市内には4つの駅があり全て東武伊勢崎線が通っています。東武伊勢崎線の終着駅は浅草ですが、北千住より地下鉄日比谷線や半蔵門線に乗り入れており、さらにどちらも東急線内へ直通しています。このため、草加市内で神奈川県内の駅行きの列車を見ることはもはや当たり前の光景となりました。

車、鉄道どちらも交通事情が良好なのが埼玉県草加市の特徴です。